アミノ酸含有量豊富な馬プラセンタ お試し価格1、000円 送料・代引き手数料無料!プラセンタEX100 北海道・日高地方の原材料

確かな国産品です。

入り口はコチラ

携帯&PC&スマホ対応

馬プラセンタは、市場によく出回っている豚プラセンタよりも、アミノ酸含有量が296倍あり、必須アミノ酸もすべて含まれています。 やはり安心・安全を選ぶなら、国内で生産・製造・販売されているプラセンタを選びたいところですね。 消費税・全国送料・代引き手数料すべて込みで1000円!!



こちらからどうぞ!



プラセンタのサプリメントやプラセンタ注射の原料は胎盤エキスです。
では、何の胎盤が原料となってプラセンタができるのでしょう。
哺乳類の子宮で胎児と母体の境にあるのが胎盤ですので、哺乳類が原料となります。
病院で、治療のために使うプラセンタは人間に由来する物を使います。
婦人科で更年期障害の治療などのために使うもので、体内に注入するものです。
安心して使える成分を求めるならば、人間に使うものは人間の胎盤エキスから抽出する方が理に叶っています。
人間の胎盤には限りがあります。
化粧品やサプリメントで使用する場合は、人間以外の動物の胎盤が原料となっていることが多いようです。
かつては、牛の胎盤エキスを原料にプラセンタを製造していましたが、牛の胎盤には狂牛病と関係があるプリオンが含まれるため現在は使われていません。
現在では、プラセンタの原料が牛から豚にかわっているそうです。
牛胎盤のプラセンタと豚胎盤のプラセンタに大きな違いはないと言われています。
豚や牛の胎盤エキスのプラセンタは、人間の胎盤エキスのプラセンタとは安全性の面で違うといいます。
豚由来のプラセンタだと効果がないというわけではありません。
一口にプラセンタといっても、原料によって効果や安全性には差があるといえるでしょう。


馬プラセンタ

MENU